ニューヨークのデパートそしてゴシップガール

ゴシップガールの登場人物

ゴシップガールの大ヒットで、ブレイク・ライヴリーは一躍トップスターの仲間入りを果たしましたが映画で共演した俳優のライアン・レイノルズと交際して2012年(平成24年)に結婚しました。ライアン・レイノルズもモテモテ男で、前妻はスカーレット・ヨハンソンです。そしてかつて付き合った女性はシャーリーズ・セロンやサンドラ・ブロックという大物ハリウッド女優ばかりです。とにかく沢山子供がほしいというブレイク・ライヴリーは幸せそのものの様子です。

ゴシップガールとニューヨーク市

ニューヨークを舞台にしたドラマで、日本にも人気が高いドラマは「セックス・アンド・ザ・シティ」と「ゴシップガール」そして「アグリー・ベティ」は日本でも放送されました。ニューヨーク市は、ニューヨークでのテレビ番組や映画の撮影や制作にニューヨーク市をあげて支援しています。時には市をあげて「ゴシックガールの日」までも開催するほどです。そしてブルームバーグ市長もドラマに本人役でも登場しています。

登場人物:J,C,V,G

生粋のお嬢さまをブレアを演じたレイトン・ミースターの生まれは実にドラマティックです。彼女の母親はマリファナ密輸に関係していたため、妊娠中につかまってそのまま刑務所へ行きなんとレイトンが生まれたのは獄中で誕生しました。レイトンの母親はそのまま服役しているので、レイトンは母親が刑務所から出所するまで祖母の下で育ち生活を支えるために10歳からモデルとして働かれていました。あれだけの可愛い女性なので、おそらく母親もかなりきれいな母親では?!と推測されますが、母はレイトンが病気の家族のためにと送金したお金を整形手術に全部使ったとかで、なんとも・・かなり強烈な母親のようです。

ジェニー・ハンフリー:通称J

ダンの妹で、フルネームはジェニファー・ハンフリーです。コンスタンス・ビラード学園の人気グループに憧れる下級生ですが、ほかの同級生のように自由に洋服を買えない環境で育ったため、裁縫やカリグラフィが得意という手先の器用さで、乗り切ってきた努力家です。努力家なだけに上昇志向も、はんぱなくとても強いため、トラブルを起こすことしばしばあります。

兄のダンが、セリーナと仲良くなったことを素直に喜んでいて、別居している両親には復縁してほしいと願っていました。なんとか自分を上級生の仲間入りを果たそうと周りに合わせるばかりに、次第に自分を見失っていったことに気付いたため、ありのままの自分に戻ります。ところが、のちにブレアに認められたことで、次の学園の女王に指名されます。手先の器用さから服飾の才能を開花させて、その道で生きていくことを決意します。

ルーファスとリリーが再婚した後は、アッパーイーストサイドの人間つまりセレブになるべく必死にもがきますが、次第にまたしても自分自身を見失っていったため、セレブ相手のドラッグディーラーをしたりと非行に走って、周りの人間たちを裏切り傷つけてしまいます。結局その後、ルーファスの判断からマンハッタンから離れるために、離婚した母の住んでいるハドソンへ転校させられます。シーズン4ではレギュラーでたが、数話しか登場しなかったためレギュラーから降板しています。

チャック・バス:通称C

チャック・バスを演じるのは、エド・ウェストウィックです。チェックは日本で「チャックさん」と呼ばれていますあ。フルネームはチャールズ・バソロミュー・バスです。父親は億万長者の実業家という御曹司です。幼馴染のネイトとは親友でもあります。自己中心的で女好き、そしてナルシストな一面が強くあります。自己中でありながらも、仲間がピンチなときには、行動力、頭脳、財力を活かしたトラブルシューター的な役割を果たすので、なにかと頼りになる存在でもあります。

派手で強気な外見とは裏腹に、実は繊細な心の持ち主でもあります。最初は遊びのつもりだったブレアと、生まれて初めて本当の恋に落ちます。父が事故で他界した後、父親の後を継ぐ形で経営に加わります。チャックは自分を出産したときに母親が命を落としたということもあって、確執がありました。ところが、実際には母親は生きていて、のちに母親と再会しますが母から自らの出生の秘密を知らされることになります。

母親の愛に飢えていたこともあって、母親は身勝手な理由でチャックを捨てたのですが、そんな母親を許して受け入れたことで、ひとときの家族の幸せを味わうことになります。ところがその後、再び彼女に裏切られることになり、母であることも否定されてしまったため絶望することになります。ファッションでは独自のこだわりを持っているので、スカーフを巻いていることが多くみられます。クセがあり、顎を触ることがおおくあります。

ヴァネッサ・エイブラムズ:通称V

演じるのはジェシカ・ゾアです。役名のフルネームはヴァネッサ・マリーゴールド・エイブラムズでダンの親友です。1年前にバーモントに引っ越しをしていますが、バンドをしている姉とニューヨークに戻ってきました。ダンとは家族同然に育っていますが、過去に相愛の仲だったこともあります。目指しているのは映画監督で、とても勉強もできるだけではなく聡明な女の子です。勉強だけでなく文学やカルチャーの知識も豊富にあります。ホームスクーリングでは、ブルックリンにあるカフェでアルバイトをしていました。進学先はニューヨーク大学です。

ジョージーナ・スパークス:通称G

ゴシップガールを代表する悪女がジョージーナ・スパークスです。セリーナの昔からの友人を名乗る同級生ですが、己のためには平気で人を騙すなど手段を選ばないとんでもない悪女ぶりです。セリーナと同じ様に友人の死の現場にいました。そして捜査から逃げるためにアッパー・イースト・サイドを去っていましたが、突如戻ってきました。かつての悪友で、そして共犯者でもあるセリーナが改心しようと努めているのが気にいらないため、秘密を武器にセリーナを脅していましたが、ブレアとチャックによって厳格な両親を呼び出されたため、薬物更生施設に送られます。

そしてその後、さらにキリスト教のキャンプに送られたため、ついに彼女も改心したかと思えますが、それさえも周りを騙すための芝居でした。そして実際のところは以前のままで計算高い悪女のままでしえた。ニューヨークに戻った後もニューヨーク大学に進学して、自分を貶めたブレアであったり改心したと思って一時期付き合ったダンに執着していたため、裏で様々な策を講じていました。その後、ロシアへ渡りますが、今度はなんと妊婦姿で再びマンハッタンに戻ってきます。そして、ダンに子供を押しつけて、再び姿を消してしまうのでした。

ルーファス・ハンフリー

マシュー・セトルダンとジェニーの父親です。ロックバンド「リンカーンホークス」のギターボーカル担当です。また、ブルックリンでアートギャラリーを経営しています。画家の妻アリソンとは別居した後に離婚することになります。セリーナの母リリーとは20年程前に交際していたため、現在でも心を惹かれ合っていました。その後リリーと結ばれますが、昔リリーが二人の子供を出産して養子に出していたことを知ったため、困惑することになります。

リリー・ヴァンダーウッドセン

セリーナの母親で、フルネームはリリアン・シリア・ヴァンダーウッドセンです。彼女が若い頃はルーファスのグルーピーでもありそして恋人でした。チャックの父のバート・バスと再婚しますが、バートが事故死するとルーファスと再婚します。

ゴシップガール

その正体が明らかになるのは、最終回のシーズン6です。ゴシップ好きのお金持ちの高校生たちが夢中になっている最後が「gossipgirl.net」です。この「gossipgirl.net」ではアッパー・イーストサイドの人気者たちに関する情報や事件をいち早くスクープしてあげられます。嫌味と皮肉の利いた言い回しと、そして毒舌がストーリーを盛り上げていきます。