ニューヨークのデパートそしてゴシップガール

アメリカの百貨店をご紹介しましょう

『バーグドルフ・グッドマン』は高級百貨店『ニーマン・マーカス』の傘下に入りましたが、『ニーマン・マーカス』:Neiman Marcusも誰もが認める高級百貨店です。そして『ニーマン・マーカス』のライバルといえば、同じく高級百貨店でニューヨークを本部にしている『サックス・フィフス・アベニュー』:Saks Fifth Avenue でしょう。マンハッタン5番街は『バーグドルフ・グッドマン』もあれば、『サックス・フィフス・アベニュー』もあります。

アメリカの百貨店

『サックス・フィフス・アベニュー』『ニーマン・マーカス』『バーニーズニューヨーク』『ブルーミングデールズ』『ヘンリベンデル』などアメリカの百貨店がありますが、どのお店もとても魅力的です。アメリカテレビドラマが日本でも放送されて、そこでもデパートショッピングのシーンなども出てくるのでファッション系のテレビドラマは、ドラマの登場人物の着こなしはもちろんのこと、そのライフスタイルも注目を集めます。そして日本でももちろん大人気です。

どうせ買うならお得に買いたい。とセールの時期にニューヨークに行きたくなりますが、ニューヨークのセールはまず11月後半のサンスクギビングの前後からセールがスタートします。そしてセールはそのまま継続されて1月の頭ぐらいまでセールは続きます。サンクスギビングの後はクリスマスセールがあって、ニューヨークの街はクリスマスモードに変わってみんな財布の紐が緩くなり、クリスマスプレゼントを購入したりします。クリスマスセールまではごく普通のセールになりますが、それだけでもかなりお得感満載ですが、クリスマスが終わると返品の時期にもなるのでもっともっと安く買い物することができます。そしてニューイヤーになれば、ニューイヤーセールになるので、うれしいことに更なる大幅値引きで高級百貨店で購入することができます。もちろん百貨店以外のブランドショップでもセールセールセール!!です♪

サックス・フィフスアベニュー

て知られていますが、『サックス・フィフス・アベニュー』の店舗はアメリカだけではありません。サウジアラビアのリヤドやUAEのドバイにも出店しています。もちろん全米で展開している百貨店ですが、それでもやはり一番大きな売上げを誇るのは5番街の旗艦店です。全米で47店を展開していますが、5番街のお店だけで全店舗の売り上げの約20%を占めるとも言われるほどの売上げです。

5番街の旗艦店の『サックス・フィフス・アベニュー』で、一番のお勧めは8階になる女性の大好きな女性靴売り場です。センクスギビングとかのセールの時期じゃなくても、是非売り場をのぞいて見ましょう~中には値引きされている商品もあるので、ラッキー♪と掘り出し物が見つかるかもしれません。

そしてちょっとした休憩に評判のカフェもあります。同じく8階には「sfa」というカフェがありますが、このカフェでお茶をしながら5番街の眺めをゆっくりと楽しんで次ぎのショッピングのためにブレイクタイムをしましょう。

ニーマンマーカス

『ニーマン・マーカス』の本部はテキサスですが、日本人に一番馴染みが深いアメリカのデパートかもしれないですね~ 女子の大好きな旅先、そしてファミリー旅行にも人気の渡航先『ハワイ』でお馴染みのデパートです。アラモアナ・ショッピングセンターの海側中央にありますが、大好きなハワイに行った時には、なにがなんでも1日は『ニーマン・マーカス』でいろいろ見たい!!とホノルルでの1日は『ニーマン・マーカス』に行きたいものです。

個人的にはここのチョコレートがけチップスがむちゃくちゃはまってしまって困るほど。あの甘くてしょっぱいコラボは最高です。1枚のチップスにどっぷりしっかりチョコレートコーティングがされていて、1枚のカロリーを考えたら恐ろしくなってしまいますが、これを食べる時にはダイエットも忘れて食べるに限ります。他にお土産として人気なのが『ニーマン・マーカス』のタブレットミントです。タブレットミントはかさばらないので、お土産にも大人気。ニーマン・マーカスの婦人靴売り場も、靴売り場は要チェックです。ルブラタンの品揃えやマノロの品揃えではまちがいなくハワイでは『ニーマン・マーカス』です。嬉しいことに、今はオンラインショッピングも日本語でも可能なので、ますます便利になりました。

ブルーミングデールズ

ニューヨークの『ブルーミングデールズ』Bloomingdale's、通称「ブルーミー」は、59丁目とレキシントンアベニューの9階の建物にあります。こちらも高級百貨店ですが『サックス・フィフス・アベニュー』や『ニーマン・マーカス』と比較すればやや価格帯が財布に優しい価格帯になっています。『ブーミングデールズ』の親会社は、星のマークでお馴染みの『メイシーズ』Macy`sの株も保有しているので、同列系の百貨店というように思っても良いかもしれません。

ブルーミングデールズの周辺にはカジュアルショップも多いので、お買い物エリアにはとっても便利です。そしてニューヨークご当地グルメで有名で日本に上陸したカップケーキの火付け役「マグノリアベーカリー」:Magnolia Bakeryもあります。150種類もある、古き良きアメリカの家庭の味が再現されています。「セックス・アンド・ザ・シティ」や「プラダを着た悪魔」などのオシャレ系テレビや映画にも登場してカップケーキブームになったあのお店へも是非ニューヨークの本場に足を運びましょう。

ブルーミングデールズの1階には、デービット・バーグのカフェもあります。なんでもニューヨーカーの間で流行っている「パーク アベニュー カフェ」なかなか予約がとれないとかで大人気のお店です。

バーニーズ・ニューヨーク

日本では1989年に伊勢丹がバーニーズ・ニューヨークのマスターライセンスを取得して伊勢丹100%出資子会社として株式会社バーニーズジャパンが設立しました。そして日本にもバーニーズ・ニューヨークが登場したのが1号店の1990年(平成2年)新宿です。株式会社バーニーズジャパンの経営で、1993年(平成5年)に横浜と2004年(平成16年)には銀座も店舗を展開していましたが、2006年(平成18年)に伊勢丹が株式会社バーニーズジャパンの株式を住友商事と東京海上キャピタル系ファンドに譲渡したので、今は伊勢丹と日本で展開中のバーニーズとは資本関係はまったくなくなっています。

2010年(平成22年)には神戸に日本国内で4店舗になる神戸店をオリエンタルホテルに出店して、2011年(平成23年)9月には九州地区に初出店となる福岡の天神にバーニーズ・ニューヨークを出店しています。オンラインシップも充実しているので、バーニーズニューヨークのオンラインショップで幅広いラインナップからオンラインショップを楽しむのもいいですし、もし結婚のご予定があればバーニーズでの引き出物選びも、招待客におっ!と思われる引き出物になるでしょう。ブライダルの時には、いつものバーニーズ・ニューヨークの黒包装紙ではなくシルバーのボックスに白いリボンです。バーニーズのブライダル使用のギフトボックスはかなり良い感じです。

ニューヨークのバーニーズ・ニューヨークは、『ニーマン・マーカス』『サックス・フィフス・アベニュー』よりもさらに若い人向けの百貨店です。ニューヨークのセールは年に2回の2月と8月です。コウェアハウスセールでは、バーニーズの商品が最大で75パーセント引き!!にもなるかなり大きなセールなので、この時期にニューヨークに滞在中ならば絶対に行きたいこところです。入っているお店はゴヤール、フェンディ、バレンシアガ、ミュウミュウとかなので、ちょっと若い年代で個性的ファッションを選ぶならバーニーズがお勧めです。バーニーズが展開しているバーニーズが提案する普段着なるカジュアル売り場がありますが、こちらで扱われているのがマーク・バイ・マークジェイコブスだったりダイアン・フォン・ファンスタンバーグとかなので、お値段は一般人の考える価格とは違って高いのですが、どんなものが提案しているのかを見てみるだけでも楽しめます。

ヘンリベンデル

5番街を歩くとヘンリベンデの前を通ったら、足を止めずにはいられないほど魅力的な入り口です。創業は1895年なので老舗デパートのひとつですが、白と濃い茶色がヘンリベンデルカラーともいえるもので、店内のディスプレイも女子が大好きな物が満載になっています。キラキラのシャンデリアに、とっても大きなマネキンが中央でドーンとディスプレイされたり、店内をぐるっと見ているだけでもかなりテンションがあがります。

1階から2回へ上がるシンデレラ階段とでもいいましょうしょうか、螺旋階段がありますが店内にディスプレイされているいまどきのガーリーテイストと、このクラシカルな螺旋階段のインパクトがこれまた良い雰囲気をだしています。ドーム状になった天井がありますが、2階より上にはめてあるガラス窓は、なんとルネ・ラリックの作品です。美術館クラスの作品を近くで楽しむことができるのも、ヘンリベンデルの楽しみです。